ビッグバナー
ラージモバイルバナー

身長が伸びるときのサインってあるの?

doctor
身長の伸びる時期があり、その時期を過ぎると身長が伸びなくなってきます。

身長を伸ばしたかったら、適切な時期に身長を伸ばすためのことをする必要があるのです。

でも、いつが身長が伸びるときなのかわかりませんよね。

身長が伸びるときに何かサインがあるのでしょうか?

スポンサーリンク
sinchouレクタングル(大)

身長が伸びる時期は?

成長ホルモンが骨端線に働きかけることで身長が伸びます。

成長ホルモンが活発に分泌される時期が思春期で、男子なら12~15歳、女子なら10~12歳ころが成長ホルモンの分泌がピークになります。

この時期くらいからグングンと身長が伸びてきます。

ですから、身長が伸びることをこの時期にしっかりすることが重要です。

身長が伸びるときのサインって?

子供のころケガをしていないのに脚が痛くなった経験がありませんか?

人によっては身長が伸びるときに成長痛を起こすことがあります。

成長痛は医学的な定義がされておらず、原因がわかっていませんが、骨端線が伸びることで痛みがでると考えられます。

成長痛は膝や下肢に起こることが特徴で、30分くらいで治ってしまうこともあります。

小学校高学年ころに成長痛があれば、身長がこの時期に伸びているサインかもしれません。

身長を伸ばすために適切な食事を摂ったり、成長ホルモンを分泌させるために睡眠時間を十分に確保するようにしましょう。

まとめ

身長が伸びるときのサインはわかりにくく、人によってはサインがない場合もあります。

もしサインがあれば、それを逃さず適切な身長を伸ばす方法を試してみましょう。

身長が伸びるときのサインがない場合は、年齢を参考にしてみてください。

スポンサーリンク
sinchouレクタングル(大)

sinchouレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする