ビッグバナー
ラージモバイルバナー

身長を平均以上にした人の共通点とは?

案内する女性医師

2013年の調査で、高3の男子平均170.7㎝、女子平均が158.0㎝でした。

見た目の印象もありますが、男性は170㎝以上が一つの目安となっているといっていいかもしれません。

高身長だと、「何かスポーツやっているの?」なんて聞かれることも多いようですね。

個人差もありますが、身長の高い人の共通点をリサーチしてみました。

■牛乳好きは多いのか?

身長が高くても魚を良く食べていたとか、他のタンパク源でも背が高くなった人はいます。

牛乳に限らず、栄養のバランスが取れていることが大事なようですね。

■バレーやバスケをやっていたか?

種目に限らず、高身長になるために適度なスポーツはプラスに働くケースが多いですね。

しっかり動いで夜ぐっすり眠ることが、成長ホルモンの分泌に関係があるようです。

■両親が大きかったか?

遺伝は25%程度の影響力しかないという説があります。

でも、高身長の人の両親が背が高いと聞くと、「ああ、お父さんが大きいからね。」などと、納得するものですね。

成長ホルモンがしっかり働いてくれることと、栄養面が整っていることが、平均身長を超える高身長の条件のになってきます。

成長ホルモンがスムーズに分泌されるように、しっかり睡眠をとり、高身長につながる食事内容を子供のころから続けているというところがポイントですね。

シラスや納豆といった和食の朝食に欠かせない食材も、体作りには有効ですから、幼児のうちから偏らない食事をとって、成長期でしっかり体を動かすことが平均身長を超えるポイントですね。

スポンサーリンク
sinchouレクタングル(大)

sinchouレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
sinchouレクタングル(大)