ビッグバナー
ラージモバイルバナー

身長を伸ばすのに必要な栄養素。ビタミンの関係


お子さんが成長期に入られた親御さんたちは、日々成長に必要となる栄養素をバランスよく摂ることが出来るように様々なことを考えていらっしゃいます。

中でも成長期で身長を伸ばすのにも重要ということでカルシウムなどをとにかく摂取できるようにとあれやこれやと献立などを考えていらっしゃるはずです。

しかし、意外にこの成長期に身長を伸ばすのに必要な栄養素は多いもので、特にカルシウムを摂る場合に一緒に取っておきたい栄養素と言えば、実はビタミンなのです。

では、成長期に身長を伸ばすこととビタミンの関係についてお話していきましょう。

スポンサーリンク
sinchouレクタングル(大)

成長期に必要なビタミンの種類と特殊な役割

成長期に必要となるビタミンはいくつかあります。

ビタミンCはよく聞くでしょうからご存知でしょうがその他には「ビタミンD・ビタミンK・ビタミンC」となります。

ビタミンDに関してはビタミンCにもある効果でカルシウムを骨に吸着させる働きがあります。

この場合は腸からのカルシウムの吸収を手助けします。

同時にこのビタミンDの特殊なところは食事からの摂取以外に紫外線が皮膚にあたることで、体内で生成できるという部分にあります。

普通の服でも10分~20分の日光浴でじゅうぶんなビタミンDが生成されます。

食物から取り入れるなら魚介類、干しシイタケなどに多く含まれています。

調理する際は脂溶性であるビタミンDは油と一緒に調理すことをお勧めします。

ビタミンKは身長を伸ばす為にカルシウムを骨に吸着させることと、骨の土台にカルシウムを付けるなどが出来ます。

同時にカルシウムが骨から離れることを防ぐ作用があります。

ビタミンKはホウレンソウなどの青菜などに豊富に含まれていますので、おひたしなどにしても知るものなどにしても摂ることが可能なので、比較的摂取しやすい栄養素です。

そして、ビタミンCも身長を伸ばすには非常に重要な栄養素です。

もちろんそれ以外の部分でも先程のビタミンD同様カルシウムの吸収効果を上げたり骨の新陳代謝を促すなど様々な場面で活躍する栄養素です。

しかも副腎皮質ホルモンというストレスに対抗するホルモン分泌を促す働きもあるのでうつ状態や自律神経失調症などで身長の伸びが止まるのも防ぎます。

このビタミンCは緑黄色野菜やレモンやイチゴなどの野菜。

イモ類に多く含まれており、ビタミンCは水溶性ですので加熱や流水に弱いんでサラダなどで食べるのがおすすめです。

身長を伸ばすのに重要な「ビタミンC」について

先程からビタミンは重要であると申し上げていますが、身長を伸ばすうえではやはりビタミンCではないでしょうか?

骨の成長にはコラーゲンが必要で、そのコラーゲンの生成を行なっています。

ビタミンCが不足すると、コラーゲンの生成量が減少してしまいます。

他にもカルシウムの吸収を高めたり、骨の新陳代謝を促すなどの作用を持ち、骨端線の細胞の増殖を行っていくのでバランスが整えられて伸びやすくなります。

ほかにも必要な栄養素について

成長期に身長を伸ばす為にカルシウムは必要不可欠ですし、ビタミン類もどうようにひつようふかけつです。

しかし、ほかにもバランスよく摂るべき栄養素はあるのです。

カルシウムの吸収を調整するマグネシウムに、成長ホルモンなどを形成いし、たんぱく質の合成を促進させる亜鉛。

骨を形成するリンに成長ホルモンGHの分泌をするアルギニン。

赤血球を作り出す葉酸地のもとである鉄や、鉄をヘモグロビンに変える銅などがあります。

スポンサーリンク
sinchouレクタングル(大)

sinchouレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする