ビッグバナー
ラージモバイルバナー

骨端線と身長を伸ばす方法の関係について


成長期になり、どこまで身長が伸びるのかや、身長を伸ばす方法については誰もが考えることでしょう。

もちろん栄養バランスのとれた食事と規則正しい生活習慣に適度な運動の必要性から考えて何かをしたからと言って急に伸びる方法があるとは思ってはいないでしょう。

しかし、知っていますが?

身長は骨が、正確には骨の軟骨部分である「骨端線」という部分が伸びることによって高くなっていくということを。

身長を伸ばす方法があるのはその「骨端線」に深いつながりがあるからなのです。

スポンサーリンク
sinchouレクタングル(大)

骨端線とは

身長を伸ばす方法と深いつながりのあるこの「骨端線」ですが、実は子供のころにしかありません。

したがって成長期にこの部分がより伸びるようにすることが性著具合を左右するのです。

「骨端線」そのものはその名の通り骨の端にある軟骨であり境目となる部分です。

これがあるうちは身長も伸び続けるのです。

男性であれば17歳~18歳くらいで、女性であれば15歳~16歳とされていますが個人差があり、男性が25歳で女性で22歳くらいまで「骨端線」がある場合もありますので成人後も身長が伸びたということもあるのです。

この「骨端線」の有無の確認はレントゲンで判明します。

ただし、分かりにくいこともあるので注意です。

骨端線と身長の関係

身長が伸びる方法を考えるにはまず覚えておくべきは、身長が伸びる時期は骨が伸びる時期である成長期であり、「骨端線」が増殖する年齢であるという具合に繋がっているのです。

この「骨端線」は成長ホルモンの分泌から栄養素を取り込んで増殖していきます。

そして軟骨組織は隙間を広げながら硬い骨へと変化して、最終的に骨の長さが伸びることにより身長が伸びていくのです。

この場合、身長を伸ばす方法とされるのは成長ホルモンの分泌をしやすくすることと、必要な栄養を補うこと。

適度な刺激を与えるために運動を行うこととなります。

栄養素はカルシウムにタンパク質、亜鉛などが骨の成長には必要になります。

カルシウム単体での吸収率はあまりよくないのでサプリメントの併用もおすすめです。

成長ホルモンの分泌は質の良い深い眠りが重要です。

運動に関しては適度な刺激を与えるような運動となりますので、ウォーキングをはじめといた縄跳びやバスケットなどを楽しみながら、ストレスなく行う方がよいでしょう。

それらが最も良い身長を伸ばす方法なのです。

骨端線と年齢

しかし、先程も述べたようにこの「骨端線」は年齢とともになくなってしまうので注意が必要です。

この「骨端線」そのものは二次性徴期である10歳~17歳くらいにしか現れないため、成人するくらいまでにはなくなってしまうのです。

正確には固い骨の組織へと変化してしまうのです。

この時期が終わった場合は成長期の終わりということでこれ以上身長が伸びることはないのです。

ただし、この状態でも人によってはO脚やX脚を矯正することにより人によっては2cm~5cmくらい伸びたり猫背の矯正でも2cm~5cmくらい伸びるということがあります。

なんにせよ、成長期にきちんとした生活を送ることが一番大事であるということが大前提となりますので、これらを踏まえて健やかなお子さんの成長を迎えてください。

スポンサーリンク
sinchouレクタングル(大)

sinchouレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする