ビッグバナー
ラージモバイルバナー

身長を伸ばすこととダイエットの関係について


成長期には身長を伸ばすことをはじめとしたさまざまな成長のための栄養摂取や運動などが必要となります。

しかし、いくら成長期には様々な栄養が必要と言っても摂りすぎてしまえば肥満になり、逆に身長を伸ばすことを含めて様々な成長に悪影響を出してしまいます。

しかも、子供であるにもかかわらず糖尿病の可能性まで出てしまうのです。

スポンサーリンク
sinchouレクタングル(大)

子供たちの肥満の原因

子供は日々成長していきます。

そして、成長するためには多くの栄養素が必要であり、その消費もかなりのものになるので子供たちと肥満は無縁のように思われます。

しかし、実際は違い、近年は肥満の子供が増えているのです。

その原因となるのがジャンクフードにスナック菓子と言った脂肪が多いにもかかわらず、栄養のほとんどない食品が多いということです。

しかもこう言った物を子供たちの多くは好んで口にしてしまいがちです。

手間もなく手軽に手に入り、子供が好むがゆえに親もついつい与えてしまうというのもあるでしょう。

この偏った食習慣がもとで様々な問題が起こるのです。

基本となるのは生活習慣の乱れでしょう。

就寝時間が遅くなるなどが近年は多く、食事の時間がずれて感触が増えた際にこう言った食物を口にする機会が増えたこともあるでしょう。

身長を伸ばす時期への悪影響

この肥満という状態は身長を伸ばすことに悪影響を与えます。

主には成長期(思春期)を早く終わらせてしまうことで、身長を伸ばす期間が短くなってしまうことにあります。

食生活でバランスのとれた十分な食事もとれず、併用して運動の時間もないままでありながらさらに成長機関まで短くなってしまった場合、ほとんど身長も伸びないままで終了してしまうのです。

肥満対策のダイエットについて

肥満になったのだったらその解決策としてダイエットをするしかないとお思いでしょう。

しかし、成長期の子供の場合はこのダイエットも気を配ることが成人より多いのです。

何せ、成人ですらダイエットのし過ぎで体を壊したり、ホルモンバランスを崩したりするのです。

さらに不安定な子供たちのダイエットは気を付けるべきことがはるかに多いのです。

まず気を付けるべきは「極端なダイエット」は危険であるということ。

食事を抜くということはまずしてはいけません。

栄養不足が成長期に悪いのはダイエットの際も同じです。

ですからするべきことは極度な運動は危険ですが、脂肪を落とすなどに適した方法で体を動かすことと、バランスのとれた食事をとることが一番でしょう。

ただし、間食への管理に関しては通常よりもやや厳しめとなってしまいがちですし、運動もまたしかりです。

ですから、運動は楽しみながらというのをしっかり感じてもらえるようにしてもらい、お菓子などの間食に関しても袋ごとではなく、お皿に盛る様にして制限されていないような形で管理していく方がストレスも少なくなります。

何事もバランスよく、規則正しい生活をこの時点で身に着けるべきなのです。

スポンサーリンク
sinchouレクタングル(大)

sinchouレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする