ビッグバナー
ラージモバイルバナー

子供の身長を伸ばす事と食事の内容について


「子供の身長を伸ばす食事はないのだろうか?」と考える親御さんは多いと思われます。

しかし現実はそんな都合の良いものは存在しないということも事実です。

ただし、食物というならば話は別です。

成長期における身長を伸ばす為に必要な栄養素をバランスよく摂るということは総合的に見ても子供さんの健やかな成長を促すものそのものです。

スポンサーリンク
sinchouレクタングル(大)

子供さんの身長を伸ばす食材

成長期なら子供さんの身長を伸ばすこと以外にも様々なことがあるはずですが、その中でも身長を伸ばすことに着手するなら、必要な代表的な食材が「カルシウム・タンパク質・マグネシウム・亜鉛」となります。

食事でとる場合はカルシウムなら牛乳などの乳製品を朝食などで摂ったり、わかめや魚をみそ汁や焼き魚としてとるなどが一般的でしょう。

同時にカルシウムには吸収しやすくするためにビタミンDの摂取も必要となるので肝やシラスなど小魚類もとる様な食事が好ましいでしょう。

タンパク質に関しては肉魚をはじめ、卵や豆に乳製品が主な食材となりますが、選ぶなら脂肪が少なめの部位がいいでしょう。

摂りすぎで肥満になる恐れもありますので注意が必要な食材です。

マグネシウムは豆腐やホウレン草、豆類。

亜鉛はレバーに多く含まれていることが分かっています。

この辺りは食物からは摂取しにくいため、食事の際にサプリメントの併用をお勧めします。

どちらにせよ食事として好ましいのは高たんぱくで低カロリーなので、そこを基本に考えていくことが大切です。

成長期に摂らない方がいい食べ物

成長期に必要なものと言われても、子供たちはそういうものよりも食品添加物の多いものを好む傾向があります。

これは身長を伸ばすのを妨げるだけではなく、脳に自律神経の働き、その他の様々な成長に悪影響を出すのです。

その代表となるのがジャンクフードやインスタント食品にスナック菓子などです。

多くの保存料に添加物や化学調味料などが含まれ、脂分も多いためお薦めはできません。

ハム、ソーセージなどの日持ちするものも着色料や保存料に化学調味料が多く含まれます。

意外なことにかまぼこやはんぺんなども同様なのです。

同じく意外な風に思われるものがダイエットフードです。

こちらも人工物が多く含まれており、薬を口にしているといっても過言ではない内容のものも多いようですのでお薦めはできません。

身長を伸ばす食事の為の組み合わせ

食材は何がいいものなのかわかっても、どう食べさせるべきかというのが難しい食事ですが、組み合わせを考えるところから始めることによって、栄養バランスの良いものを口にしてもらえるようになるのです。

例えばレバーは嫌われる食材ですが、これらにチーズを加えてトーストの様に何かに乗せて焼いてみると別のものになります(チーズトーストのレバー乗せという感じです)。

鶏ささみはタンパク質を低カロリーで摂ることが出来ますが、やはり嫌われる食材です。

しかしそのささ身にチーズやシソの葉などを挟み焼くことによって違った触感と味わいになり、好まれます。

こういったように、少しの組み合わせの変化で子供さんの健やかな成長に必要な栄養素を加えた食事となるのです。

スポンサーリンク
sinchouレクタングル(大)

sinchouレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする