ビッグバナー
ラージモバイルバナー

野菜と身長を伸ばすことの関係について


野菜が体に良いことは昔から言われていることですが、身長を伸ばすことと関係があるということはご存知でしたか?

特に成長期の子供さんの体に与える影響はとても大きく、身長の伸びに大きな違いをもたらすのです。

ただ現代社会においては、なかなか野菜を食べるということがないということもあるので、改めて考えていかなくてはいけない問題でもあるのです。

スポンサーリンク
sinchouレクタングル(大)

身長を伸ばすのに重要な野菜を食べるタイミング

1日3度の食事の時間以外のいつが野菜を食べるのに重要なタイミングなのかと思われるでしょう。

しかし、身長を伸ばすかどうかにの限らず、将来的にも大きな差が出てしまうのがこのタイミングです。

ではその重要とされるタイミングとは?

それは朝食です。

朝食から野菜と聞くと、正直寝起きで食べることすらつらいのにと思われることでしょう。

誰もがそうです。

しかしそれでも朝食なのは、1日食べる栄養の3分の1が朝食だからです。

これはほかの昼や夜もだとは思いますが、朝以外は外食などになりがちなのが現代の子供達です。

昼ならお弁当ならまだいいですがコンビニで買ったものであったら?

夜は部活や塾帰りにやはりコンビニで済ませてしまっていたら?

全滅ですね。

コンビニ弁当などを悪いとは言いませんが、基本的に野菜が少ないのです。

サラダを買って食べる子供もそうそういるわけでもありません。

これが家で食事をとるのなら汁物、煮物にサラダなどいろいろな野菜を口にする機会もありますが、コンビニで買うものではなくとも外食であるならば、どうしても野菜は不足してしまうのです。

それらが身長を伸ばすことの妨げにもなるのです。

朝食で野菜を摂るならば?

朝は寝起きということもありどうしても最低限のものしか口にしません。

おにぎりかパンが一般でしょうか?

しかし、もちろんそれだけでは足りません。

では何かを加えるしかないのです。

例えば野菜などの具沢山味噌汁をおにぎりに添えてみるとか、パンはサンドイッチにするか野菜スープを添えてみるとか・・・。

一緒に出すほかのものに刻んだ野菜を入れてみるなど、少し手間はかかるものの出来ないことではないのです。

身長を伸ばすのにバランスよく食べる方法

どうしても朝食だけでは様々な野菜や他のものでも摂るのは無理でしょう。

逆に摂りすぎにもなりかねない場面もあります。

それを解消するのは、若干手間ではありますが“小鉢”を利用してみてはいかがでしょうか?

そう、和食の定食などで出てくる小さな器に盛られた料理です。

あれは必要なものを少しずつ多く用意するのに向いているのです。

同時に摂りすぎになりそうなものも小鉢1つで区切れるので食事制限という形をとらずとも無理なく摂りすぎ防止になるのです。

成長期のお子さんの食習慣の管理は手間暇がかかるものです。

しかし素俺が将来を大きく変えるのですから、できる限りバランスよく栄養を摂れる環境を作ってあげられることをしていきましょう。

スポンサーリンク
sinchouレクタングル(大)

sinchouレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする