ビッグバナー
ラージモバイルバナー

子供の身長を伸ばす栄養素とは?


成長期にできるだけ子供さんの身長を伸ばすことを考えて、様々な栄養素を含む食事環境を整える親御さんは多いでしょう。

もちろん身長を伸ばすにはそれだけでは足りませんが、成長期で栄養をどんどん欲している体に必要な栄養素が足りなくなれば、一種の栄養失調状態と言ってもいいのですから非常に大事な問題というべきでしょう。

子供さんの成長期に必要な栄養素とその役割についてお話していきましょう。

スポンサーリンク
sinchouレクタングル(大)

栄養摂取以外に必要なもの

まず成長期に必要なのは、食事に対する注意だけではないのはご存知でしょう。

まさに基礎の部分です。

それは規則正しい生活習慣と言われるもので、何も成長期だから大切というわけではなく、いつも大切にしておくものです。

ですから、寝不足や運動部底からストレスなどは極力内容にするのは当然の事で、中でも成長ホルモンの分泌と関係の深い睡眠は厳禁と言っていいでしょう。

運動不足は骨を刺激して成長ホルモン分泌を促し、子供さんの身長を伸びにくくする肥満を防止する役割もある為避けなければいけません。

ですが過度な運動に関しては成長期を早く終わらせてしまうため避けねばなりません。

ストレスに監視ては成長ホルモンの分泌を悪くする物質の生成が起こる為、低身長を引き起こします。

身長を伸ばす栄養素について

子供さんの身長を伸ばすのには「IGF-1」という成長因子が関係しています。

この値が高い方が身長が伸びやすくなります。

身長を伸ばすには軟骨細胞の増加が必要不可欠です。

その為に主に必要な栄養素がタンパク質とカロリーです。

もちろん適度な運動を行いながら摂ることが前提となり、そうしない場合は肥満体質になってしまい、逆に身長も伸びにくくなってしまいます。

これらは肉や豆腐などを使った、高カロリーなものから摂取可能なものなので、子供さんたちも好きなものばかりなので、摂り方についても考えながら摂るべきものでもあります。

必要なその他の栄養素

先程必要とする栄養素に関してはお話ししましたが、やはりバランスが大事です。

普段からとるとしたら次から挙げられるもののバランスも考えなくてはいけません。

「アルギニン」であれば成長ホルモン分泌を促す栄養素です。

大豆製品や豚肉、魚に含まれます。

ただし、1日の必要量が2000~4000g以上多いため、サプリメントの活用を必要とするでしょう。

「ヨウ素」はミネラルの一種です。

成長ホルモン分泌を促す以外に新陳代謝を高めて骨の成長を促す甲状腺ホルモンの分泌を行わせる効果があります。

わかめなどの海藻類に多く含まれています。

「L-チロシン」はアミノ酸の一種です。

甲状腺ホルモンの分泌を促すのでヨウ素と同様の働きをしています。

バナナやアボカドと言った果物類に多く含まれている為、デザートとしてとるといいですが、若干不足し気味になるのでサプリメントの併用が必要です。

「メラトニン」は睡眠ホルモンと呼ばれるもので、成長ホルモン分泌がある眠りの為に、上質な睡眠には欠かせないので重要な物質です。

このメラトニンはあまり食品に含まれておらず、その材料となるトリプトファンの摂取からというのが有効です。

乳製品や大豆製品からとるのが効果的です。

「カルシウム」は骨の生成に必要なものです。

牛乳をはじめとする乳製品に多く含まれていますが、小松菜などの一部野菜からも摂取が可能です。

もしサプリメントを使用するなら、ビタミンDの入っているものがいいでしょう。

「マグネシウム」はカルシウムの吸着に飛鳥なものです。

納豆やアサリと言ったものに多く含まれます。

時期によって摂取量が多いのでサプリメントの使用も考えましょう。

「亜鉛」は成長ホルモンのもとになるたんぱく質を作るのに必要です。

レバーなどに多く含まれているのですが、卵黄からも摂取可能です。

サプリメントからの摂取が有効となります。

「タンパク質」は先に述べた通り、骨や成長ホルモンのもととなります。

豚肉や鶏肉、マグロやカツオ、チーズや牛乳などに含まれます。

ただし、摂りすぎには注意が必要です。

どの栄養素もバランスを考えて摂ることが一番大事なのです。

スポンサーリンク
sinchouレクタングル(大)

sinchouレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする