ビッグバナー
ラージモバイルバナー

肉だけでは背を伸ばすことはできない?身長の為の栄養について


成長期において食習慣は非常に気を遣うところです。

特に背を伸ばす為には様々な栄養素が必要となり、しかもバランスをとることまで考える必要があります。

成長期に必要な栄養素の不足によって背を伸ばすことが出来ないということも多いくらいです。

ならば栄養をもっと取らせなくてはと考えた親御さんが間気た結果、高い栄養素から「肉を多く含む献立を」と考えられるかもしれませんが、それはそれで違うのです。

要するにバランスと食べ方が重要でありそれらを含めて食習慣と環境になるのです。

スポンサーリンク
sinchouレクタングル(大)

お肉と必要なたんぱく質

背を伸ばすには骨を伸ばすことが重要なのですが、その為には細胞を作ることによる骨を伸ばすということです。

その為の栄養素の主たるは“タンパク質”となるのですが、そういった時に「お肉」という選択にはならないようにしましょう。

動物性タンパクはお肉のみならず「魚・乳製品・卵」にもしっかり含まれています。

これが献立の中で重なった場合はいくらお肉などの「動物性たんぱく質」が血肉を作ってくれるとは言っても、同時に摂ってしまう動物性脂質も含まれている為、カロリーオフからくる肥満の心配が出てきます。

肥満状態のお子さんの身長は伸びが悪いので要注意なのです。

ですからとる量と食べるお肉についても考えましょう。

背を伸ばすのに適したお肉というなら「鶏のささみ」などが最も良質のたんぱく質が含まれ、骨の伸びもよくなります。

「鶏むね肉」などならメチオニンと呼ばれる必須アミノ酸を多く含む為さらに良いですし、「豚ひれ肉」もビタミンB群が豊富でタンパク質も多く含んでいながら脂肪分が少ないのでお薦めです。

同時に、体質上これらではカロリーの心配がある場合は、植物性たんぱく質も試してみるといいでしょう。

背を伸ばすのには食べ合わせが大事

先程、タンパク質を摂ることについてお話ししましたが、同時にアミノ酸悖ることが重要になるのです。

この例からすると、牛乳などのカルシウムは背を伸ばすのに必須と言われますが、それだけでは伸びず、一緒にマグネシウムを取る必要があるのです。

食生活においてバランスは重要と言われており、まさにそのバランスがこれらの食べ合わせなのです。

背を伸ばす為には腸内環境も重要

いくらバランスよく栄養素をとっても、それらを吸収する体。

腸内環境が整っていないのであればせっかく摂った栄養素も無駄になってしまいます。

それでは背を伸ばすどころの話ではありません。

この場合、発酵食品や植物繊維の多いものを献立に取り入れることが重要になります。

善玉菌が活動しやすく、糖質に脂肪の吸収を抑える腸内環境は植物繊維の摂取なくしては出来ないのです。

献立は単純に昔ながらの和食と呼ばれるものが有効となります。

洋食文化が主流になりつつある食卓ですが、和食も並べてみましょう。

あまりよくない食品

最後に要注意な食べ物についてです。

身長は肥満症の場合、あまり伸びないものです。

しかし、子供は危険であったり肥満になりがちなものが大好きである場合が非常に多いのです。

それは清涼飲料水であったり、味の濃いものであったり、スナック菓子にカップラーメンなどのインスタント食品が該当します。

これはすべての脂分やカロリーや糖分が多すぎるため、肥満になる恐れがあります。

しかも、食品の安全性とは別に、子供の健やかな成長という意味では安全ではないのです。

これらのことに気を付けて、毎日健康な生活習慣の積み重ねを続けていきましょう。

スポンサーリンク
sinchouレクタングル(大)

sinchouレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする