ビッグバナー
ラージモバイルバナー

男性ホルモンは身長を伸ばすだけではないことについて


成長期において最も分かりやすい現象は身長の伸びではないでしょうか?

それは、骨の軟骨部分である「骨端線」が伸びていくという現象がここで言う成長期における身長の伸びであり、この現象をいかに活発にするか否かが身長を伸ばすことと言ってもいいのではないのでしょうか?

そんな成長期ですが、男性ホルモンは身長を伸ばす働きがあるとされる話を耳にしたことはありませんか?

確かに成長期で男性の身長は飛躍的な伸びを見せます。

しかし本当にそんなことがあるのでしょうか?

子供の骨に男性ホルモンが与える影響とはいったいどんなものなのでしょうか?

スポンサーリンク
sinchouレクタングル(大)

身長を伸ばすことと男性ホルモンについて

そもそも男女のホルモンとはその制を象徴する部分に強く出るものです。

女性ホルモンなら免疫力の向上などでしょうし、男性ホルモンならば筋肉質な体などといった部分に出てきます。

そしてホルモンは植物摂取から得られるものではなく体内で生成されて体液中に分泌されるものです。

今回話に出てきた男性ホルモンとは脊椎動物の「ステロイドホルモン」の1つ、「アンドロゲン」のことを言います。

これらは性格にも影響し、より男性らしさが表に出ます。

では結論から申しますと、男性ホルモンは身長を伸ばすのかというと、そんなことはないのです。

同時に男性ホルモンが多く出た場合には、成長ホルモンの分泌が悪くなるということが起こってしまうのです。

例を挙げますと、成長期に筋トレなどで激しい運動を行うことにより、筋肉の付きが早くなり、その時に出る男性ホルモンの影響で身長の伸びが止まることがあるのです。

身長を伸ばすなら、バランスの良い運動や生活が大切なのです。

身長を伸ばす現象と男性ホルモンの影響

男性ホルモンと身長が伸びることの関係はないと申し上げましたが、お互いは影響しあっているのは事実なのです。

男性ホルモンの分泌の増えは、骨年齢の上昇を表し、「骨端線」が固まってなくなっていくことになるのです。

この「骨端線」の伸びが成長期における身長を伸ばす現象そのものであるため、何としても避けたいと思われる方は多いでしょう。

これは女性ホルモンの増えすぎでも同じことが言えます。

性ホルモンは思春期における成長を伸ばし押しますが、骨の成熟を促進してしまうため、伸びは悪くなってしまうのです。

人の体には男女両方の性ホルモンが存在するため、どうしても両方のホルモンの影響があり結果は約成長期が終わることもあるのです。

身長を伸ばすには、性ホルモンが増える前に動くべき

この場合、性ホルモンは増え始めると様々な影響を体に与えていきます。

それは本来性別に特化した特性上有利なものではありますが、成長期においては早く成長期が終わってしまう可能性があるので早い段階から行動しておく必要があるのです。

早ければ小学校の4、5年生から始まってしまいますし、遅い場合なら中学生です。

その時期に適度な運動と、整った生活習慣と環境を作り、「睡眠・運動・食事」を充実させることが健やかな成長期を過ごせるか否かとなります。

何より気にすべきは早熟傾向が強まる原因である短い睡眠時間や肥満傾向、ストレスの多い環境などです。

これらの改善こそが、健やかな成長へとつながり、性ホルモン(今回は男性ホルモン)との良い付き合いとなっていくのです。

スポンサーリンク
sinchouレクタングル(大)

sinchouレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする