ビッグバナー
ラージモバイルバナー

ジムで身長を伸ばすこと。同時に必要な要素について


成長期は人生で誰の体にもある大事な時期です。

それは心身ともに、子供から大人へと変わっていく時期であり、最も重要な時期でもあります。

この時期は体の中と外の両方に変化が起きていく時期であり、一番わかりやすい変化が身長の伸びではないでしょうか?

近年は特に男女関係なく身長を伸ばすということに注目している子供さんやその親御さんが目立っているように思えます。

女性でもある程度の身長をほしがるので、男性に関してはさらに高身長を望むのでしょう。

しかし、そこにはいくつもの壁が存在するのです。

身長を伸ばす方法と称される方法はいくつもありますが、それらが必ずそのすべての子供さんに合った方法とは限りませんし、体質であったりタイミングであったりと本人にはどうしようもない問題も多く存在しています。

ですがそれでも実践することである程度変わってくるものもあります。

それはサプリメントやジムの利用による生活習慣などの改善であったり、今まで以上に環境を整えるなど様々です。

個人では無理だということならジムなどで専門家の指導するプログラムで汗を流すのも1つでしょう。

今回は成長期に必要な要素とジムなどで身長を伸ばすことについてお話ししましょう。

スポンサーリンク
sinchouレクタングル(大)

成長期においてジムなどでのトレーニングの必要性

成長期において適度な運動は必要不可欠です。

特に身長を伸ばすならば「骨端線」と呼ばれる軟骨部分への刺激を与えるようにすることが必要であり有効です。

しかしながら結論をもう挙げますと、ジムなどでの器具を使ったトレーニングはこの時期するものではないのです。

どちらかというとそういった専門的なものを目指す場合以外であるならば、ストレスなくのびのびと出来る事で、尚且つ刺激を与えられるものが効果的だからです。

それでも身長を伸ばしたいというお子さん専用のコースを進めるジムなどは存在していますが、そちらの場合12歳~17歳ぐらいのお子さん限定となっていたりするようです。

トレーニングそのものも加圧などで成長ホルモンを多量分泌させるなどの方法であり、その根底は生活習慣と環境を整えることが必須となっている為、ジムでのトレーニングそのものにはチャレンジしてみたいか否かの違いくらいしかありません。

身長を伸ばす為にできることと、するべきこと

まず、身長が伸びることと身長を伸ばすことについての情報を知るべきでしょう。

身長が伸びるか否かを決定する要素として大きくは「遺伝・生活習慣・食習慣」の3つが挙げられるでしょう。

この中でどうしても変わらないうえに、身長がどの程度を決めるのが、「遺伝」だといわれています。

ですが、行動によって変えられるものが「生活習慣」と「食習慣」であり、近年はこのふたつによってかなりご両親よりも高身長となった子供さんもいるようです。

まず整えるべきは生活習慣と食習慣などの環境を整えることです。

近年栄養状態がよくなっているせいか、よほどのことがない限りある程度身長を伸ばすことはできるようになってきています。

ですから、生活習慣の改善等で成長ホルモンの分泌がよくなればなるほど身長を伸ばしやすくなります。

だからと言って「あれもこれもしなくちゃいけない」という考えはかえってよくないのです。

運動ならばのびのびと、適度に「骨端線」に刺激を与えられる運動に挑戦してみましょう。

縄跳びなどはすぐできますし、そのほかも体をほぐすくらいから無理をさせない程度で行うとちょうどいいです。

精神面は身長が周りより低い場合であれば気にもなるでしょうが思いつめない方がいいのです。

成長期のストレスは成長ホルモン分泌にもいい影響はありません。

食習慣は最も重要とされており、成長のかなめともいうべきものです。

問題点は、特定の必要な栄養素の不足があります。

逆にカロリーや糖分の摂りすぎから肥満体質になってしまっても身長は伸びにくくなります。

必要な栄養素としては主に「タンパク質・亜鉛・マグネシウム・アルギニン」などが挙げられます。

そして最後に必要なものは睡眠です。

成長ホルモンは眠っている間に多く分泌されます。

22時~02時は特に重要であり、この中で最も深く眠れる3時間を確保することが出来るかどうかで身長の伸びなども決まるといわれるほどです。

■最後に

成長期においてのジムなどの使用は特に大きな影響を与える要因とはなりえませんが、時に必要になるのかもしれません。

しかし、まずはその基盤である生活環境などを整え、規則正しい生活習慣の確保こそが1番に必要なことになるのです。

スポンサーリンク
sinchouレクタングル(大)

sinchouレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする