ビッグバナー
ラージモバイルバナー

子供の身長が伸びる時期について


自分の子供を見て「いつの間にこんなに大きくなったのだろうか?」と感じ、身長が伸びる時期について思い出したり考えたりしてしまうことはありませんか?

特にここ最近は大人になっても身長が低いままであるという「低身長」という方もいるのでなおさらいつが身長が伸びる時期に該当するのかわからないという方も多いようです。

同時に、身長が伸びる時期は今後の身長を決める大事な時期になっており、ほかの時期以上に様々な生活習慣などが重要となってくる時期でもあるので把握しておきたいものです。

子供達の身長が伸びる時期はいつ七日についてお話していきます。

スポンサーリンク
sinchouレクタングル(大)

人生において、子供たちの身長が伸びる時期について

子供の成長は早いとその様子を見ていらっしゃる親御さん。

この時期はとても重要であり、この時期に必要な環境を整えておけないと、将来身長が伸びていない状態になるということもありうるので要注意です。

身長が伸びる時期は生まれてから人生で2回あります。

1回目は生まれてからの生後1年間です。

赤ちゃんの体格がどんどんスリムになっていくあの時期がそれに該当します。

この時期に身長も体重も一気に増えていきます。

その数値は身長が1.5倍で体重が3倍となります。

ただし、この時期はまだ乳児期であるためおっぱいを吸う力が弱いなどの個人差から、まだ小さくても2回目の成長期があるのでそこまで気にすることはないでしょう。

そして迎える2回目の成長期がちょうど思春期にあたる時期です(男子=12~17歳、女子10歳~14歳)。

この時期に伸びなければ、その後伸びることはほとんどないといわれています。

身長が伸びるために必要なものとよくない事

身長が伸びるためには2回目の成長期にどれだけよい環境もうけ、バランスの良い生活習慣を築くことが出来るかによってほとんどが決まります。

まずは生活習慣についてですが、一番に必要なのは睡眠です。

成長期に身長が伸びるのは骨が伸びている現象であり、骨が伸びるのが眠っている間なのです。

眠っている間に成長ホルモンが分泌されるので、骨が伸びて身長が伸びていくのです。

しかし近年は、「テレビ・パソコン・スマートフォン」などを見ている機会が多いため、(ブルーライトなどの影響から)半覚醒状態である為、きちんとした睡眠が取れないという状態になっています。

だからと言って昼間眠るのはあまり良いことではなく、やはり夜眠るという生活習慣がとても重要になっています。

その他には食習慣における栄養バランスも重要となっています。

骨を伸ばすには牛乳やカルシウムを多くとるべきと考えるでしょうが、それだけではありません。

必要な栄養素は「タンパク質・ビタミンD・ビタミンB・ビタミンC・鉄・亜鉛」など様々な栄養素をバランスよく摂取することで密度の高いく強い骨が育ち、促進していくのです。

この場合太陽の日を浴びることと、適度な運動も忘れてはいけません。

もちろん食べるなら3食きちんと摂っておくことが子供の生活には重要です。

ただし、ただ食べればいいというわけではなく、ジャンクフードなどはあまりお勧めできないので注意が必要です。

同時に先程運動も必要だと申し上げましたが、過度な負担のかかる筋力トレーニングなどは、この時期まではしないことをお勧めします。

最後に

成長期に関わらず、規則正しい生活習慣は今後の人生を左右していくものになります。

成長期に行っていた、整った生活習慣を維持して生活を送ることで、成長期以降も健康に過ごしていくことが大切なのです。

スポンサーリンク
sinchouレクタングル(大)

sinchouレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする