ビッグバナー
ラージモバイルバナー

子供の将来の身長予想する方法


子供の身長を見て「自分たちはそんなに大きくないはずなのに、子供はずいぶん大きくなった」と不思議に思うことはありませんか?

もちろん将来どのくらいの身長になるのだという予想などあてになどならないので、結果で判断するしかないのですが、身長の高さが遺伝するというのはあまりないようなのです。

親の身長が低くて子供の身長も低かった例などは約25%程度しかありません。

親に似てしまう場合はむしろ、親と同じ生活スタイルや食生活を成長期に過ごすことによって、その影響を受けた結果だと思ってください。

すなわち身長が高くなることは遺伝よりも後天的な要因の方が重要になってくるのです。

しかし、それでも遺伝の影響は若干とはいえあります。

そこから子供の身長が将来どのくらいになるかの予想をするのもよいでしょう。

スポンサーリンク
sinchouレクタングル(大)

身長が伸びる時期にするべきこと

身長は伸びる時期が決まっています。

それは子供から大人になる時期である「思春期」です。

この時期に誰もが急激な体の成長を実感すると思われますが、この時期こそ人間の身長が一番成長するのです。

同時にこの時期にバランスの良い食生活や運動をしておかない場合は身長はもとより、後になって様々なことがあるので注意してください。

そして、成長期終了を迎えた際に自身の子供さんの身長が、予想以上に伸びていたのなら栄養状態も運動なども問題なかったのだと思いましょう。

もしも、成長期真っただ中で身長の伸びが悪いと思った場合「カルシウム系サプリメント」などで補うことも有効です。

将来の子供の身長予測計算式について

子供さんの身長は遺伝性ではないとは言いましたが、やはり親御さんとしては自分に似ていた場合のお子さんの将来の身長でしょう。

ここでは、あくまで遺伝することを考えた場合の計算式ですが男女別で紹介いたします。

男の子の計算式は「(お父さんの身長+お母さんの身長+13)÷2+2」で出ます。

女の子の計算式は「(お父さんの身長+お母さんの身長-13)÷2+2」となっています。

これはあくまで親から子への遺伝したらという場合で、実際は親と同じ生活習慣での生活で起きる場合という予想計算式になりますので、実際は違うと考えておいた方がいいかもしれません。

注意点について

バランスのいい栄養と運動にきちんとした生活習慣から身長は伸びます。

成長期にそれらをしっかり踏まえた生活をしていくことこそが身長が伸びるか否かを左右するのです。

そしてバランスの良い栄養以上に身長を伸ばすならやはり「カルシウム」は多く摂った方がいいと思い食べさせることになるのですが、ここで注意が必要になります。

カルシウムは確かに平均摂取量が不足気味の栄養素ですが、逆に摂りすぎによる肥満という問題が浮上してくる恐れがあるのです。

というのも、子供が食べれられる食事の量を増やして必要なカルシウムを摂ろうとすることで、カロリーの摂りすぎが発生してしまうことがあるのです。

これをしてしまうと肥満になり、結果成長化が早まってしまう恐れがあるのです。

確かに身長は低いよりは高めの方が便利なこともあるでしょう。

その為にできることをしたいとも思われるでしょう。

しかし、それらは実行すればいいというわけでもないのです。

お子さんの様子を見ながら、ほどほどにも大切なのです。

スポンサーリンク
sinchouレクタングル(大)

sinchouレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする