ビッグバナー
ラージモバイルバナー

低身長と栄養不足の関係性

身長を伸ばす方法 (9)
成長期の子供の身長がなかなか伸びない場合、子供よりも親の方が気にされている事の方が多くあります。

そのため「栄養が足りないのではないか」などの心配から、もっと食べなさいと無理やり食べさせたいようとしてる事もあるのではないでしょうか?

そこで今回は、低身長の原因と栄養不足の関係性を紹介します。

スポンサーリンク
sinchouレクタングル(大)

低身長と栄養不足

まず、身長を伸ばすために必要な栄養素はタンパク質、亜鉛、カルシウム、ビタミンD、マグネシウムです。

特に一番関係する栄養素はカルシウムではなくタンパク質です。

タンパク質は骨の作り出す元となり、動物性タンパク質はアミノ酸も摂取できるため、成長期には必須の栄養素と言えます。

なのでタンパク質が不足すると、身長に大きく影響する可能性が高いです。

しかし、タンパク質が不足したからといって、あまりにも極端に低身長になってしまう可能性はほとんどありません。

低身長の原因

低身長の原因は栄養不足だけではく、いろいろな原因があるので幾つか紹介します。

1.体質性低身長

いわゆる遺伝です。

病気でもないので、極端な低身長にはなりません。

2、思春期後発症、早発症

思春期を迎えると身長は基本的に止まります。

そのため、極端に思春期が遅いと成長期も遅くなかなか伸びない事もあり、逆に思春期が早すぎるため、思春期が止まるのが早くなってしまっている可能性があります。

他にも、低出生体重性低身長症や成長ホルモンの分泌不全から低身長になってしまう可能性もあります。

まとめ

このように低身長の原因は栄養不足だけではありません。

ですが現代は偏った食生活の方が多く、必要な栄養素が摂取できていない可能性もあります。

まずは、バランスのよい食事を意識する事が大切でしょう。

スポンサーリンク
sinchouレクタングル(大)

sinchouレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする