ビッグバナー
ラージモバイルバナー

身長が伸びる時期と止まる時期には前兆があるのか?

身長を伸ばす方法 (5)
成長期に身長が伸びますが、急激に伸びる印象が強く「いつの間にか伸びた」と思う事と、「もう身長が止まった?」なんて思ったりする事がほとんどだと思います。

身長が伸びる前兆、止まる前兆があれば、短い成長期により身長を伸ばせると思いませんか?

そこで今回は、伸びる前兆と止まる前兆はあるのか?という事を解説します。

スポンサーリンク
sinchouレクタングル(大)

身長が伸び始める前兆はわかりにくい

伸び始める前兆、つまり成長期に入る時という事ですが、伸び始める前兆は個人差がとてもあります。

成長痛と言われるような膝や関節に痛みが出る言われますが、全く違和感を感じなくても伸びる人は伸びます。

そこで目安にできるのが、身長が伸び始める平均年齢を知る事です。

男女とも12歳前後だと言われています。

この年齢を目安に、自分はどの程度身長が伸び始めてるかを意識すると良いでしょう。

身長が止まる前兆

止まる前兆については男女で違いが出てきます。

男子は20歳程度までは伸びる可能性が高いですが、女子は17歳ほどで止まります。

前兆として男女共に「第二次性徴期」に入ると止まる事が多いです。

第二次性徴期とは、男子の場合は声変わりが始まり、体つきが男らしくなり、陰毛が生え始めます。

女子の場合は胸が膨らみ始め、陰毛が生え始め、生理が始まります。

これらが体に現れ始める事が前兆になり、この時期に入ってから1、2年ほどで止まる事が多くあります。

まとめ

これらの前兆は、個人差があるので第二次性徴期に入ったから必ず止まる訳でもありません。

しかし、目安としてはほぼ間違いないでしょう。

一度しかない成長期に、できるだけ身長を伸ばすためには、この前兆を意識して規則正しい生活習慣を取り入れる事が大切でしょう。

スポンサーリンク
sinchouレクタングル(大)

sinchouレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする