ビッグバナー
ラージモバイルバナー

身長が伸びる歩き方はあるのか?

身長を伸ばす方法 (4)
今回は、歩き方で身長は伸びるのか?という事について、身長の伸びる仕組みや、大人になっても身長が伸びる可能性を交えて解説します。

スポンサーリンク
sinchouレクタングル(大)

身長の伸びと、その仕組み

身長の成長は18歳前後で決まってしまうのが平均的です。

しかし、これには男女差、個人差があり20歳過ぎても伸びる人もいるので、大人になっても伸びる可能性はあります。

そもそも身長が伸びる仕組みは「骨端線」と呼ばれる骨と骨の間にある軟骨が増えることで、骨が伸び身長が伸びます。

この骨端線は一定の年齢になると、増殖が止まり硬くなってしまうため身長の伸びが止まります。
これは成長ホルモンの分泌量に関係ているため、40代くらいになると分泌量がピーク時の20%ほどになってしまうため増殖が望めなくなります。

伸びる歩き方とは

上記のような理由で身長は成長ホルモンの分泌が少なくなる事で止まってしまいます。

しかし、一部の人は「30代40代になっても身長が伸びた」なんて人もいますが、この人達は姿勢や体の歪みの改善によって伸びた可能性が高いと思われます。

そこで「伸びる歩き方」です。

猫背や骨盤の歪み、O脚などが原因で身長が縮んでいる可能性があるので、それを改善する方法の一つが「伸びる歩き方」です。

体に歪みを感じる方は、普段の歩き方でも背筋を張って歩ったり、骨盤の歪みを矯正する事で身長が伸びる可能性があるという事です。

まとめ

身長が伸びる歩き方は「存在する」とも言えないのが事実です。

しかし、本当の自分の身長にする事は歩き方や運動、ストレッチで可能だという事です。

体に歪みを感じる方は、簡単な事から始めてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
sinchouレクタングル(大)

sinchouレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする