ビッグバナー
ラージモバイルバナー

身長を伸ばす!効果的なお風呂の入り方

身長を伸ばす方法 (9)
身長を伸ばすためには、カルシウムを多く摂る食事や質の高い睡眠などがあげられますが、成長期には、お風呂の入り方も意識する事で伸びが変わってくるんです。

今回は、身長を伸ばす事を意識した効果的なお風呂の入り方を解説します。

スポンサーリンク
sinchouレクタングル(大)

なぜお風呂が関係ある?

1日の終わりに疲れを取るためのお風呂は、睡眠による疲労回復、代謝の活性化に繋がるため、成長期にはとても大切なのです。

もちろん、身長を伸ばすためにはバランスの取れた食事や睡眠、運動が大切ですが、その3つの効果をより高めるためにも、適切な入浴方法が大切です。

入浴方法

最近はシャワーのみで終わってしまう方も沢山いますが、湯船に浸かる事が大切です。

湯船に浸かると言っても、熱いお湯にでは効果がありません。

熱いお湯にサッと浸かる方もいますが、それでは表面的に温まるだけで、体の芯までは温まっていません。

表面的な刺激も強いため、興奮状態になりやすいため睡眠を妨げる事になってしまいます。

適切な温度は23°ほどのぬるま湯で、20分程度は浸かりましょう。

入浴の効果

ぬるま湯にゆっくり浸かることによって代謝が良くなり、新陳代謝が促され身体の向上(身長の伸び)に有効な状態になります。

また、睡眠前にぬるま湯にゆっくり浸かることによってリラックス効果がありますので、副交換神経が優位になり、免疫細胞が活性化、つまり成長ホルモンの分泌が増える事に繋がります。

この状態により、睡眠も質の良い深い眠りにつけるようになります。

まとめ

このように入浴することで、睡眠時により多くの成長ホルモンを分泌する事が可能です。

普段の何気ない入浴から、意識的に変えてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
sinchouレクタングル(大)

sinchouレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする