ビッグバナー
ラージモバイルバナー

40代でも身長を伸ばす事は本当に可能なのか?

身長を伸ばす方法 (5)
身長が伸びるのは成長期のみと思われているのが一般的です。

身長が伸びるピークの平均は、男子で14歳前後、女子で13歳前後と言われていますが、実際には「20歳過ぎたけど身長が伸び続けている」なんて人もいます。

そこで今回は、40代になっても伸ばす事は可能なのかという事を、成長期以降に身長を伸ばす事ができる理由と一緒に解説します。

スポンサーリンク
sinchouレクタングル(大)

20代でも身長は伸びる

身長は親からの遺伝で決まってしまうと言われますが、実際の研究結果として遺伝の要素は20%ほどです。

残りの80%は、普段の生活習慣が最も関係している言われています。

バランスの良い食事、十分な睡眠、健康に良い運動量と遺伝性を組み合わせて身長は伸びるので、人によっては20代になっても身長は伸ばす事が可能なのです。

具体的には、骨と骨の間にある軟骨(骨端線)が増える事によって身長は伸びます。

この成長には、非常に個人差があるので20代になっても身長が伸ばす事が可能なのです。

40代でも本当に伸びるのか?

上記で説明したような軟骨(骨端線)の成長は40代になると完了してしまい、軟骨がどんどん硬くなります。

それは40代になると成長ホルモンの分泌が、ピーク時の20%に減ってしまうためです。

そのため生活習慣が良くない状態が続くと、人によっては身長が縮み始めます。

しかし、生活習慣の改善を行い、成長ホルモンの増加が望めるタンパク質や亜鉛、カルシウムなどをバランス良く摂る事により、軟骨(骨端線)が柔らかくなります。

ヨガなどの適度な運動によって関節の間を意識的に広げたり動かす事ができれば、40代であっても身長を伸ばす事は不可能でないと言えます。

まとめ

生活習慣の改善によって、誰でも伸ばす事が可能な訳ではありませんが、体の中から改善する事により、身長が縮む事を十分に防ぐ事が可能です。

まずは、生活習慣の見直しから初めてみましょう。

スポンサーリンク
sinchouレクタングル(大)

sinchouレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする